What is 「訪問美容」? <スズキ美容室・訪問サービス >

This site is presented by 

「スズキ美容室 訪問サービス」 (長野県 飯田市)

お客様に知っていただきたい、私たちの「訪問美容」サービスの、あれこれをご案内します。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Interview 藤田巌 全国訪問理美容協会理事長  訪問美容の規制緩和政策の成果は?

JUGEMテーマ:訪問美容 出張美容 LLP全国訪問理美容協会

 

 

. 訪問美容の規制緩和政策の成果は?   <目次へ戻る>

 

LLP訪問理美容協会

 

<藤田理事長が、内閣府の規制改革の検討会に参加され、2015年より実施された訪問美容の対象の拡大(_搬臆雜郤圻育児中の親族)政策は、消費者の利便性を図る目的と同時に、低迷する美容需要の掘り起こしを図る経済政策の側面も有していました。>

 

 

■ 「訪問美容の対象の拡大」による新たな訪問美容の対象者を3千万人と試算されていますが、施行後の手ごたえをお聞かせください。

□ 特に、新たに訪問美容の対象になった「家族介護者」のお客様への利便性が向上していることは間違いないと思いますが、新たな需要の掘り起しという面での成果はまだまだのように思います。

 

 

■ 今回の規制緩和は、在宅のお客様への訪問美容に関わるものでした。

「在宅の訪問美容」と「施設への訪問美容」での違いについては、どのようにお考えですか。

□ わたしどもの会社ですと、「カットクリエイト21」が、美容室の店舗営業を行っています。

いま、そのお店のお客様の中でも、ご来店が難しくなり訪問美容を希望される方が確実に増えています。そんな流れの中で、店舗でももちろん出張業務を行っていますし、近隣の施設様には、店舗から訪問チームを派遣しています。

 ですから、在宅と施設への出張で、業務内容を分けることはしていません。ただし、使用させていただく出張先での設備や、施術環境に違いがありますから、出張時の装備などは変わってきます。

 

 在宅の訪問美容であれば、店舗と同様のメニューを用意していますから「家族介護者」のお客様のニーズにも、充分対応させていただける態勢です。施設への訪問の場合は、その施設様の規定やご意向に則った上でサービスメニューを提供させていただくことになります。そういった諸条件の違いから、一部のメニューで価格の違いを設けています。違いはそれだけです。

 また、「カットクリエイト21」の店舗がある横浜地域でも、大規模施設のお取引先様などの場合には、訪問美容の「若蛙」が担当させていただくこともあります。訪問美容の「若蛙」は、対応する全地域で、在宅のお客様への出張も行っています。

 

 

< 在宅の要介護の訪問美容(理容)の対象者は、…介護施設での大多数のお客様が女性であることの裏返しとして…男性のお客さま、である確率が高く、その「家族介護者」は、奥様である確率が最も高い。

 

 家族介護者である奥様の需要を訪問美容に取り込むためにも、在宅の訪問美容事業を維持するために必要なマーケット規模を確保する意味でも、美容室は、いままでもっとも縁遠かった、シニア世代の男性  のニーズにどう対応するか、という大きな課題に直面します。>

 

 

■ 訪問美容として、在宅の要介護の男性のお客様のマーケットをどのようにとらえたらよいですか。

□ まず、在宅のお客様が、男性であることは大変うれしいこと。・・・という発想から入ります。

なぜなら、訪問美容で、まず、家族介護者である奥様が美しくなっていただく。ここが重要です。そして、それを観ていた負けず嫌いな男性の闘志に火をつけ「俺だって」の気持ちを奮い起こす。(現役時代に会社の勤務時間内でも、床屋さんへ行って、女性の半分のサイクルで男前を保つ習慣を持っていた、現シニア世代の男性のおしゃれのニーズは、確実に存在します。)

・・・こんな図式が、今回の規制緩和で可能になった、在宅の家族との同時施術の価値を、最大に生かすためのアプローチ方法だと思います。

 

 

※「シニア世代の男性のニーズ」

◇70代の男性の1年以内の美容室利用は、4パーセント

◇15歳から69歳の男性の1年以内の美容室利用は、29パーセント

(リクルートライフスタイル「美容センサス2017下期」の調査結果による)

美容業界にとっては、まだまだ未知の領域といえる男性市場。マーケット分析はおろか、通常は市場開拓に積極的な、美容商材メーカーさんによるサロン用のメンズ・ヘアケア&スタイリング製品の発売さえ、まだ極めて少ない現状。

ちなみに、「理容業」での男性の消費傾向を参考にして読み取ると、男性の嗜好の特徴は、女性のそれとは正反対の傾向が示されています。

「 〇埔豼澗里裡桶笋ら3割?の男性は、「格安・時短」嗜好。(格安カット専門店、クイック・バーバー系の店の利用率が高い) ◆_知陲箸箸發砲修侶晃はさらに強まる。 自宅カット率(ご自身、ご家族による)が高い」

 

 

<完>

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.